アセットリードグループ

2016.04.30

昨年3月より施工管理をしてまいりました「AXAS日本橋水天宮前」が竣工しました。

line

  

2016.03.13

当社は東京都渋谷区にあるBunkamura北口エントランス2期改修工事を完了致しました。

line

2015.03.01

昨年4月より施工管理をしてまいりました「AXAS代々木公園前」が竣工致しました。都内でも有数の高級住宅地に隣接し、最寄り駅は東京メトロ千代田線「代々木公園」駅徒歩5分。アジア圏の海外投資家からも注目され、入居者からも人気の高い物件が完成しました。

line

2015.02.09

マレーシア現地法人 Heat Island Solutions Global Asia Sdn.Bhd. は大阪に本社を構える大手日系電器企業の現地法人よりCool-Island® Productsの受注、施工を完了致しました。今後も引き続き、研究棟屋根などにCool-Island® Coating 等の計画をして頂いており、ファクトリーなどの広大な屋根は最も太陽光照射を受ける面積が大きく、反射機能が最大限に発揮され、空調機節電対策と同時に都市ヒートアイランド対策ソリューションでもあります。プライベートメリットとパブリックメリットを同時に実現し、都市環境に対する大きな社会貢献となるイノベーティブなソリューションを我々はご提供しています。(UTMに事業移管済)

line

2015.02.01

当社は東京都渋谷区にあるBunkamura(一部)改修工事を受注いたしました。クライアントからの信頼をより高いレベルで獲得することを目指しながら、渋谷の街のランドマークに係われる喜びを感じています。既存のデザイン性の高い建物においても、その価値を維持し、末永く来場者に愛される場所であり続けられるよう考え抜いた改修工事を実施してまいります。

line

2014.12.05

マレーシア現地法人 Heat Island Solutions Global Asia Sdn.Bhd. は東京に本社を構える大手日系化学企業の現地法人よりCool-Island® Productsの受注、施工を完了致しました。また、同敷地内に新築される総務・研究棟のデザイン設計へ参画し、当社環境ソリューションを仕様に盛込まれる予定となっており、GBI(GREEN BUILDING INDEX:マレーシア環境対応建築物指標)の登録を目指しています。年間を通して30℃以上になるマレーシアでは空調機節電対策が今後さらに注目されていきます。

line

2014.10.01

昨年4月より施工管理をしてまいりました「ジェークラウド墨田スカイフロント」が竣工致しました。見晴らしの良いロケーションに位置し、スカイツリーを間近に見られ、入居者の生活に彩を与える物件となりました。建物もシンプルでありながらモダンなデザインとなっています。

line

2014.05.01

昨年3月より施工管理をしてまいりました「BLANCNOIR MONZEN-NAKACHO」が竣工致しました。日本橋の東に位置する永代橋にほど近く、深川図書館・東京現代美術館なども徒歩圏の環境です。東京の中心に在りながら下町を感じられる立地であり、打放しコンクリートの外壁と落ち着いたデザインのエントランスホールがひと際街の風情と寄り添った物件となりました。

line

2014.04.01

東京都渋谷区富ヶ谷1丁目において2015年1月末竣工予定のマンション新築工事「(仮称)富ヶ谷1丁目プロジェクト」を受注致しました。代々木公園にほど近い良質な住環境の立地で、最寄り駅は東京メトロ千代田線「代々木公園」駅徒歩5分です。アセット建設は建築物のデザイン性を意識した高品質施工に向けた計画を綿密に立て、資産価値の高い建築・不動産を実現してまいります。

line

2013.12.25

渋谷区富ヶ谷1丁目においてRC造4階建て既存建物の解体工事を完了しました。今後、旧耐震基準建築物には耐震補強又は解体後に新築する選択を迫られるものが多くなっていきます。当社は資産価値を鑑みた選択のアドバイザリーも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

line

2013.11.18

当社専務取締役及びHeat Island Solutions Global Asia株式会社(HIS Global Asia社)CEO生形直樹/NAOKI UBUKATAは、シンガポールに隣接したマレーシア・ジョホール州南部にて2025年までに300万人都市として大規模に開発されるISKANDAR MALAYSIA PROJECTの投資及び計画推進を統括しているISKANDAR REGIONAL DEVELOPMENT AUTHORITY (IRDA : イスカンダル地域開発庁)本部において、当計画の環境部門責任者(シニアバイスプレジデント) Boyd Dionysius Joeman氏らへCool-Island®Technologyの技術的理論と実現効果(UTM実験データ)、及び都市単位におけるUHI(都市ヒートアイランド)抑制・制御を「URBAN ALBEDO DESIGN計画」によって実現する旨のプレゼンテーションを実施致しました。UHIへの具体的な計画と技術に大変興味を示され、イスカンダル地域開発庁大臣室において当社技術開発製品Cool-Island®Curtainのパイロットスタディの許可を得て設置することとなりました。また現在、ACAA(ASSET CONSTRUCTION ARCHITECTS & ASSOCIATES)により機能デザイン研究を続けている太陽光天空反射型ガラスカーテンウォール(オフィス外壁パネル)のCGを使った概要説明にも興味を持って頂き、今後10年以上続く都市開発において多くのオフィス建築に採用されるべく製品化に向け投資を募り、現実のものとしていく予定です。日本から現地進出しているメーカー等との共同開発も視野に、マレーシアにおける「住みやすい街づくり」に貢献してまいります。

line 左:IRDA本部マネージャー ハムザ氏
中央:HIS Global Asia CEO 生形
右:IRDA環境部門責任者 ボイド氏
於:IRDA本部大臣室

line

2013.11.13

マレーシア現地法人Heat Island Solutions Global Asia株式会社はマレーシア・ジョホール州南東部ISKANDAR MALAYSIA PROJECT Flagsip D (Pasir Gudang地区)に所在するIT製品企業のファクトリー及び研究所屋根面(約7,500㎡)に対するCool-Island®Coating (Roof Type)のプレゼンテーションを実施致しました。特に低層建築物である「ファクトリー系ファシリティ」への効果は大きく、クライアントにも大変興味をもって頂いております。ソリューション実施に向けWWC(Work With Client)の信念のもと、クライアントと共にROIの向上に向けた総合的施策計画を作成してまいります。来年度には電気価格が値上げされることがマレーシア政府から発表されている状況下で、当国において本格的な節電マーケットが拡大し始めようとしています。

line

2013.09.05

当社において特許取得している「ヒートアイランド特性を考慮可能な都市設計システム」の技術分野において、都市設計構成要素である建築物、土木構造物その他の空間構成要素(建築物外皮色彩及びアルベドに影響する内装も含む)が太陽光を天空反射させるアルベド機能を持つことで都市ヒートアイランドを抑制することに付随する経済的ベネフィット(特に建築物内部電気使用量低減)に着眼し、マレーシア現地法人Heat Island Solutions Global Asia 株式会社と連携しながら、当特許の派生プロダクツ(クールアイランド・プロダクツ)をファクターとした多くの国内外企業と商品開発及びアライアンスチャネルを組むことで、その企業及びプロダクツの「Re BRAND」コンサルティングも手掛けております。さらに、そのプロダクツのマーケットを創造すると共にマーケットクライアントへのプライベートプロフィットを伴ったCSRによる「Re BRAND」をコンサルティングしていきます。日本国内のみならず、東南アジア地域、中国、欧州地域、オセアニア地域と戦略的デスティネーションを各社が持つアライアンスチャネルで地域を分担し、効果的なプロモーション及びビジネス展開を推進してまいります。我々は都市表皮における太陽光反射率を高める都市アルベドデザイン(当社特許)を施すことで、都市ヒートアイランド現象を直接抑制する世界初のイノベーション事業を推進しています。

line

2013.08.31

当社クライアント所有の千葉県匝瑳市にあります研修施設リノベーション工事を完成し、お引渡しを致しました。建築のみならず、大規模設備機器の更新までをトータルリノベーション致しました。当社リノベーションコンセプトでありますWWC(Work With Client)により、クライアントの今後の事業成長へ最適化を目指した調査・提案・工事を実施致しました。

line

2013.06.18

マレーシア現地法人 Heat Island Solutions Global Asia 株式会社において、マレーシア工科大学インターンシップ制度における学部生を受け入れました。今後とも継続的に実施し、当大学が掲げる「New Academia」における起業家精神の醸成に少しでも貢献していければと考えております。

line

2013.05.14

当社は千葉県市川市、津田沼市において進めてまいりました賃貸マンション屋上への太陽光パネル架台設置工事が完成致しました。ミドルソーラー(中規模発電)による設置件数が拡大するなか、当社において架台設置の低コスト工法を採用しながら賃貸不動産と売電システムを一体化した事業として、さらなる拡大が推進されるものとみています。

line

2013.04.07

当社は当初より「J-REIT市場」のストック物件におけるリノベーションを手掛けております。この度、多数のREIT物件を管理マネジメントされておられますクライアント様より、江東区に立地するオフィスビル共用部リノベーションを受注致しました。テナントとの工程調整から共用部通路等の確保計画・周知、その他の細やかな配慮の上でISO9001品質マネジメントによる工程管理と上質な仕上がりを実現するべく、スムーズなお引渡しを目指してまいります。

line

2013.04.03

東京都墨田区向島5丁目において2014年8月末竣工予定のマンション新築工事「(仮称)スカイツリープロジェクト」を受注致しました。当プロジェクトは南にスカイツリーを見上げる立地であり、最寄り駅の東武スカイツリーライン「曳舟」駅からひと駅で「とうきょうスカイツリー」駅という位置にあります。これから益々生活環境が便利になり、賑わいをみせる街並みになる界隈でもあります。当社は安全第一のもと、ISO9001品質マネジメントによる高品質を実現し、クライアント様のご満足を頂ける資産を建設してまいります。

line

2013.03.25

東京都江東区佐賀1丁目において2014年3月末竣工予定のマンション新築工事「(仮称)永代橋マンションプロジェクト」を受注致しました。当プロジェクトは東京駅の東側、墨田川にかかる永代橋を渡って直ぐに位置しています。最寄り駅は東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町」駅です。昔懐かしい町の風情と、今の東京を感じとることのできる立地でもあります。当社はデザインの主旨を理解しながらの上質な仕上げと、ISO9001品質マネジメントによる高品質を実現してまいります。

line

2012.12.25

line 東京都渋谷区本町4丁目において2013年6月末竣工予定のメゾネット型賃貸アパートメント新築工事(RC造)「(仮称)渋谷本町プロジェクト」を受注いたしました。当プロジェクトは共用廊下を無くし、専有部空間を高効率に確保しながら採光にも有効なメゾネット型を採用しております。方南通りから少し入りました閑静な住宅地に位置し、都心でありながら静かな環境です。当社はISO9001を採用した高品質管理と丁寧な仕上がりを実現してまいります。

line

2012.11.26

line 都市外皮と言われている建物外壁・屋上・窓、土木構造物表面、道路、駐車場などへの太陽光照射熱をある一定割合で天空反射することで都市ヒートアイランド(UHI)を抑制するアーバンアルベドデザインのマネジメント構築を進めているなか、国内カーテンメーカーとのコラボレーションにより「天空反射機能を備えたクールアイランドカーテン」を開発、電力消費試験を実施致しました。東京都内南向きのワンルームマンションにおいて、同スペックのエアーコンディショナーを室内一定温度設定とした同一仕様の2住戸に、当メーカー従来の遮熱カーテン「エコファイン」と今回開発した「クールアイランドカーテン(Wラッシェル)」を設置比較すると後者の方が7%程度の電気消費量を低減するデータとなり、プライベートメリット(消費電力量低減)の効果を確認することができました。前述したように、天空反射の機能はそのまま都市外皮に熱を溜めこまない機能でもあるため、パブリックメリット(UHI抑制) を実現するプロダクツとしても期待されています。国内と共に、赤道付近に位置する国々の都市へ販売を開始致しました。

<クールアイランドカーテン電力消費試験方法>
実 施 日:2012年9月5日(水)~9月7日(金)
場   所:東京都北区 建設中(仕上完了済)ワンルームマンション6F(606号室、607号室)
装   置:データロガー(自動温度記録計)、電力メーター(外部据付メーター)、
      エアーコンディショナー2.2Kw(各室1台)27℃(自動運転)稼働 風向自動
測 定 方 法:ベッドルームとキッチン間室内ドアClose、温度測定⇒5分間隔で自動測定
      電力消費量⇒30分間隔で電力メーターを目視測定
 



line

2012.11.09

ムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション株式会社(本社:英国)より、認証範囲を「建築デザイン・工事施工管理」とするISO9001:2008 (クオリティマネジメントシステム)の認証取得を致しました。さらなる品質向上による投資対象物としての不動産付加価値とCSの向上を図って参ります。
 

line

2012.11.08

当社はこの度、マレーシア工科大学(UTM)との包括的覚書(MoU)を締結致しました。これは特定の学部学科・研究科によらず、相互のイノベーションプロジェクト提案に対し「innovative・entrepreneurial・global」の学訓のもと「社会に貢献できる技術とマネジメント」という視点を重視しながら研究課題を選択し、論理的な技術及びデータをもとに産学共同でサステイナブルビジネスに成長させていこうというものです。UTMとアセット建設は継続的にマレーシアを始めとしたグローバルな「大学発ビジネス」において、更なるインタラクティブな関係構築を進めていきたいと考えております。
 


line

2012.09.19

昨年12月より施工管理をしてまいりました「BLANC NOIR北赤羽」が竣工致しました。最寄駅前により、前面道路の交通量の多い立地ではありましたが「安全第一」のもと竣工を迎えることができました。スタイリッシュな外観ファサード、モノトーンカラーを採用し、個性ある素材を活かしながらスマートなデザインと仕上がりました。当社の高品質施工と洗練されたデザインの融合を実現することで、クライアント及びエンドユーザーへの満足につながっております。さらなる品質向上にこだわったクオリティマネジメント(QMS)を採用し「価値ある資産づくり」に真摯に貢献していきたいと思っております。
 


line

2012.09.10

line当社はマレーシア工科大学産学連携センター(Universiti Teknologi Malaysia Innovation & Commercialization Centre : UTM-ICC)との連携により共同研究成果の事業化戦略を進めていくこととなりました。まずはマレーシア国内での環境都市マネジメントにおける複数の共同特許申請を目指して協力関係を構築していきます。
マーケティング、チャネル構築からスピンオフカンパニー設立などへの発展を目指しています。

 また、マレーシア工科大学大学院との環境都市マネジメント共同プレゼンテーションをジョホールバル建設業協会(MBJB)本部にて実施致しました。MBJBは現在、大規模に進んでいるイスカンダルマレーシア・プロジェクトの地元建設業協会であるため、我々の研究成果を当プロジェクトにアピールするチャンスでもあります。今後、定期的なプレゼンテーションを受け入れて頂けることとなりました。


line既にマレーシア工科大学大学院における環境都市マネジメント研究チームが形成されており、国境を越えたチームコミュニケーションが活発になっています。これから各担当責務を遂行しながら、技術発展とマーケットの探求に邁進してまいります。

line

2012.09.06

line マレーシア工科大学大学院(Universiti Teknologi Malaysia School of Graduate Studies)より、当社の共同研究へのコントリビューションに対してゴールドプレートが授与されました。マレーシアにおける国立大学工学系最高学府から「環境都市マネジメント」における共同研究内容及び姿勢が評価されました。

line

2012.06.26

当社はマレーシア特許庁へPCT申請(パリ条約)を経由して特許申請を致しました。赤道至近に位置する同国において「当社の環境都市マネジメント手法が有効である」とのことからマレーシア工科大学大学院(UTM)との共同研究を開始しておりますが、随時その成果を元にUTMと共に同国内において「ヒートアイランド制御手法」を環境都市マネジメントに活用するための共同プレゼンテーションを実施してまいります。

line

2012.05.09

社団法人多治見建設業協会からの招待を受け、当社 生形直樹専務取締役ストラテジックマネジメント本部長が「マレーシアにおける環境イノベーションに向けて」と題した講演を致しました。環境イノベーションへのインベストメント及びマネジメントの概要についてお話をさせて頂きました。講演時間は予定の1時間を越えましたが、協会会員の方々の真剣な様子に時間が経つのも忘れるほどでした。ご静聴頂いた皆さんの、今後の展望に少しでもお役に立てれば幸いだと思っております。

line

2012.04.27

当社はこの度、マレーシア工科大学大学院Civil Engineering研究科 (UTM:Universiti Teknologi Malaysia)と産学共同研究契約( MoU )を締結致しました。UTMとの研究パートナーはロングタームな関係を構築することになり、アジア圏における当社のR&Dとしての機能を担って頂くことになります。当社はこれからも我々のミッションを実現することと真摯に向き合い、グローバルにアライアンスを構築してまいります。

line

2012.03.21

当社は山梨県南都留郡山中湖村にて、富裕層向けリゾートマンションにおける大規模修繕工事を受注致しました。首都圏のみならず、全国において高質なサービスをご提供できればと考えております。アセット建設はWWC(Working With Client)の信念のもと、継続的な資産価値の維持に貢献していきたいと思っております。

line

2011.12.08

東京都北区赤羽北2丁目において2012年9月末竣工予定のマンション工事「(仮称)北赤羽プロジェクト」を受注致しました。最寄駅はJR埼京線「北赤羽」駅徒歩2分、JR各線が発着するJR線「赤羽」駅の隣りの駅になります。JR埼京線で「池袋」「新宿」駅方面、JR京浜東北線で「上野」「東京」駅方面とアクセスの良い立地で通勤通学には至便な環境となっています。
当社の高品質施工と、デザインを理解した仕上げにより事業主様の期待に応えてるべく、「安全第一」で施工管理してまいります。

line

2011.11.08

11月3日~7日において当社取締役設計企画部長 生形直樹、及び技術顧問 岩尾憲三(マレーシア工科大学教授)は、今年3月に当社が特許申請致しました「都市のヒートアイランド特性評価方法及びその特性を考慮可能な都市設計システム」に関連した技術であります多治見建設業協同組合(東濃建設業協同組合)において開発した「クールアイランド舗装」のマレーシア工科大学大学院Civil Engineering 研究科との協同研究における当大学構内での試験施工(データサイト)のため帯同してまいりました。 また、シンガポールと海峡を挟んだマレーシア・ジョホール州南部で進んでいる大規模開発(ISKANDAR MALAYSIA)における政府直轄の統括管理機構であるISKANDAR REGIONAL DEVELOPMENT AUTHORITY(IRDA)本部前においてもテスト施工サイトを提供して頂き、試験施工をしてまいりました。 今後「太陽光反射都市冷却理論」を建物屋上・外壁やアスファルト面の部分的なもののみならず、都市単位での鳥瞰的な「都市外皮」という概念で捉え「都市外皮のアルベド(albedo)」を上げることで、都市のヒートアイランドを制御していくマネジメントを実行し「住みやすい都市づくり」を実現してまいります。当技術を既に海外では注目し始めており、都市単位での採用のための試験施工に入っております。

※アルベド(albedo):天体において外部からの入射光エネルギーに対する反射光エネルギーの比を言う。反射能とも言う。一般的には地表面が太陽の光を反射する割合のこと。単位は百分率。あるいは割合(0~1)である。

line

2011.10.31

当社により今年4月より施工管理をしてまいりました「BLANCNOIR東武練馬」が竣工致しました。「URBAN BASE」「REFINE & MODERN」「FACE of GRACE」のコンセプトのもと、外壁打放しコンクリートのランデックス塗装を基調に、エントランス壁の一部にはシルバーボーダーのスパンドレルを採用し、シャープな印象に仕上げています。 モノトーンを意味する「BLANCNOIR」を館銘とするデザイン性の高さ、そして当社の高品質施工を融合させた付加価値の高い投資向けワンルームマンションとなりました。 これからもクライアントの価値観、エンドユーザーの価値観を実現させてまいります。

line

2011.10.06

当社は世田谷ビジネススクエアにおける大規模内装改修工事を受注いたしました。東急田園都市線用賀駅直結という至便な立地と、ビジネスとしての施設のみならず、コミュニティ感溢れる複合施設として維持されている当街区全体の内装をメインとした改修工事です。閑静な住宅街に囲まれながら地域に溶け込んだ外部空間を合わせ持ち、落ち着いた佇まいの中でオフィスを主用途とするタワー棟、飲食商業施設を併設したテラス棟、ヒルズ棟を含む全7棟で構成されています。当社ファシリティマネジメント部はクライアントと共に継続した不動産価値の最適化マネジメントに尽力してまいります。

line

2011.09.22

当社は東京国際空港(羽田空港)敷地内施設の大規模内装改修工事を受注致しました。当空港の国際化が継続して進められているなか、バックヤードも含めた快適な空間づくりのお手伝いができればと思っております。当社ファシリティマネジメント部は多様な施設において、クライアントと共に運営の最適化に対して専門技術とマネジメント力を発揮し、工事を進めてまいります。

line

2011.07.13

本日、環境新聞社発行の環境新聞に岩尾憲三氏(マレーシア工科大学客員教授のヒートアイランド現象を抑制するための「太陽熱反射都市冷却理論」の記事が掲載されました。また、当社が2010年3月に建設致しましたAXAS蒲田(大田区西蒲田)がその建築資材のひとつ「クールアイランドタイル」を首都圏で初めて採用したマンションとして紹介されています。当理論は都市外皮において太陽光エネルギーが熱変換される前に天空反射させるヒートアイランド現象抑制の根源的な仕組みで、都市のクールアイランド効果を直接図ろうとするものです。また当社は地域及び都市のヒートアイランド抑制に関わる特許申請を致しております。これからも国内外を問わず「暮らしやすいまちづくり」において社会に貢献していく所存です。


詳細は画像をクリック

line

2011.06.25

当社は太陽光パネルメーカーであるパワーコムソーラー株式会社から太陽光発電システムの販売・納入・設置のフランチャイズライセンスを取得致しました。無停電電源装置(UPS)の分野で世界的なブランドとして知られている台湾のPOWERCOM社で製品生産しており、その高度な電源技術を活かして原材料から太陽電池モジュールまでの一貫生産体制を築いています。メーカーではモジュールの公称最大出力が10年経過で90%、25年経過で80%の保証をしています。一戸建からマンションの屋上をはじめ、工場屋根上などの設置対応を致しますので、お気軽にご相談下さい。

line

2011.06.15

line ACAAは昨年の世田谷ビジネススクエア タワー(写真)に引き続き、世田谷ビジネススクエア ヒルズⅡリノベーション計画をご提案させて頂きました。リノベーション工事の実施に至り、当社ファシリティマネジメント部による管理により進行中です。ファシリティマネジメントとは「米国で生まれた経営管理方式で、業務用不動産(土地、建物、構築物、設備等)全てを経営にとって最適な状態で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法」としています。国内においてストック建築物が98%を占めるなか、21世紀における国内不動産マネジメントはマーケットの変化に対応しながら、長期的な役割を果たし、安定した収益を追求していかなければなりません。クライアントと共に最適解を導き出すマネジメント力を強みとしています。
ACAAは今までの経験を生かし「Working With Client 」の信念のもと、リノベーション計画において設備設計を含めたゾーニング、マーケットとの整合性、クライアントの管理手法とエンドユーザーへの付加価値を考慮した内装選定・デザインを行います。
施設稼働中の状況であっても、テナント等とのタイムスケジュールを調整し、考え抜いた工程によりリノベーションを実施してまいります。

line

2011.04.05

板橋区若木1丁目において2011年11月末竣工予定のマンション工事を受注し、施工管理業務が始動致しました。環状8号線から少し入った閑静な住宅地で、東武東上線「東武練馬」駅を最寄駅としています。CSをより高める品質管理を実施してまいります。

line

2011.03.17

当社が昨年より準備をしてまいりました環境分野における特許申請が、本日、特許庁へ受理されましたことをご報告致します。

【発明名称】
 
都市設計方法、都市のヒートアイランド特性評価方法及び都市設計システム
【技術分野】
 
本発明は、ヒートアイランド特性を考慮した都市設計方法と、都市のヒートアイランド特性評価方法と、ヒートアイランド特性を考慮可能な都市設計システムとに関する。
【発明が解決しようとする課題】
 
現在、行われているヒートアイランド現象の対策は、社会的、経済的成長に伴う都市の拡大の中、CO2等の温暖化ガス排出量のさらなる増大につながるものであることから、効果は限定的である。また、ヒートアイランド現象を抑制するための従来の技術は、いずれも個々の建築物や道路の外皮をどのように構成するかという認識に留まっている。このため、仮に、都市の中の一つの建築物等にその技術を採用したとしても、都市のヒートアイランド現象をなかなか抑制することはできない。本発明は、上記従来の実情に鑑みてなされたものであって、都市のヒートアイランド現象を直接的に抑制可能にすることを解決すべき課題としている。


弊社及び当特許にご興味をお持ちになり、アライアンスをご希望の企業・事業者様は、お気軽にご連絡下さい。当社設計企画部 生形(ウブカタ)まで。

line

2011.01.15

ACAA(アセット建設一級建築士事務所)は首都圏の住居地域において「低層デザインメゾネット型分譲コンパクトマンション」のご提案をさせて頂いております。相続における不動産活用の相談及び設計依頼が増加している昨今、弊所では低層建築物しか建てられない用途地域における、まとまった土地の活用について、資産価値を持った一住戸床面積が40~60㎡のメゾネット(住戸内階段を持つ2フロアーの空間)型のVOID(吹抜け)を内在する分譲マンション(または賃貸マンション)を効率良く計画していくコンセプトをご提案。キャリア女性やDINKSの需要に対して応えられるデザインと住設機器(大型高機能キッチン・ユニットバス内TV(DVD付)・大理石玄関床・打放しコンクリート内装・外国製洗濯乾燥機内臓・高セキュリティー・デザイン洗面台・SATIS)などのハイグレードを装備。外観及び内装デザインと空間の開放感を兼ね備え、照明計画などのデザイン性の高さを特徴としています。
また、品質及び購入者ローンに対しても商品価値を高めるために、フラット35Sの認定設計を標準品質としています。事業者の要望に応じて環境配慮型タイプへのバリューアップオプションもご用意致しておりますので、当社設計企画部 生形(ウブカタ)まで、お気軽にご相談下さい。

line

2010.10.15

ACAA(アセット建設一級建築士事務所)は世田谷ビジネススクエア タワー(東京都世田谷区用賀4丁目)上層階共用部「Reデザイン」のご依頼を頂きました。当案件オーナーでありますREIT会社様および外資系ファンド会社様へのデザイン提案を致しまして、リノベーション実施の運びとなりました。ACAAは新築案件の企画・設計・デザインとともに、既存空間をより有効的な手段とデザインによって再生させるご提案も積極的にさせて頂いております。

line

2010.09.01

ACAA(アセット建設一級建築士事務所)は経済産業省、環境省、東京都環境局による温暖化対策3法令に対して、遵法義務が既に発生している大規模事業所・事業者様へのコンサルティングをさせて頂いているなか、三洋電機株式会社CRM本部(パナソニックグループ)とパートナーを組み、現在稼働中で交換時期を迎えている古い既存設備機器と、新規に交換する際に想定される環境配慮型対応設備機器のCO2排出量及びランニングコスト(電気使用量換算)の削減率を算定した「見える化シート」を作成し、分かり易い効果予測をご説明させて頂いております。これにより、現地調査を含めた具体的な工事方法のご提案からイニシャルコスト対効果や補助金・税制優遇との組合せによるTCM(トータル・コスト・マネジメント)をより具体的にご提案できるようになりました。また、中小事業所・事業者様におかれましても、今後規制範囲の拡大が予想されており、東京都環境局などで既に補助金制度が開始されております。お気軽にご相談下さい。

株式会社アセット建設一級建築士事務所 + 三洋電機株式会社CRM本部

line

2010.07.01

line ACAA(アセット建設一級建築士事務所)は設立当初より環境配慮型不動産の推進をしており、これに伴う環境配慮技術における産学官のアライアンス構築を進めてきております。今回、「改正省エネ法」「温対法」「東京都環境確保条例」の3法の改正が2010年4月までに施行され、特に原油換算エネルギー使用量で1,500kl/年を超える大規模事業所、大規模事業者が義務を負うことになり、各種計画・報告書の提出や、GHG(Greenhouse Gus:温室効果ガス)削減に取り組まなくてはならなくなりました。これらの政策を含む社会的背景のもと、弊社は豊穣コンサルティング株式会社(代表取締役 高橋誠介)とパートナーを組み、対象事業所及び事業者に対してコンサルティング業務を開始致しました。パートナーである高橋氏は総合ユニコムより出版されている「月刊プロパティマネジメント」等に、ファンド組成やオフィスビル省エネ・環境関連法などについて度々寄稿されておられます。我々は両社の知識と技術の融合によって、当制度の初期段階の計画・報告書作成から省エネ診断(公的機関の利用)、導入設備・機器の選定(設備設計)、施工会社選定(コストマネジメント)、工事監理(品質管理)、補助金申請及び優遇税制利用(都内中小クレジット申請)までをフォローする体制を整えております。工場を抱えている事業主様、大規模ビル事業主様(REIT、私募ファンドなどを含む)や大規模テナント様におかれましては、内容のご説明にお伺い致しますので、お気軽にお声をお掛け下さい。

株式会社アセット建設一級建築士事務所 + 豊穣コンサルティング株式会社

line

2010.06.15

INDEX ROOM渋谷店内装工事が完成致しました。
当社がデザイン及び施工を手掛けました。
アセットナビにおきまして4店目の出店となり城南エリアをカバーし、より多くのお客様にアプローチできるようになりました。都内での賃貸マンション空室をお探しの方は、足をお運び頂けたらと存じます。今後共、ご愛顧の程よろしくお願い致します。

line

2010.01.31

大田区西蒲田7丁目において当社を含むJVにて施工しておりました「AXAS蒲田」が竣工致しました。JR京浜東北線「蒲田」駅徒歩6分に位置し、「東京」駅へのアクセスは19分です。丸の内・八重洲界隈への通勤には大変便利な立地となっております。
外壁には既にご紹介致しました「美濃焼クール・アイランド・タイル」を採用しており、当社が目指す「環境配慮型投資マンション」を実現しています。また現在、他の環境配慮技術とのアライアンスも検討しており、さらなる当社商品としての「環境配慮型投資マンションパッケージング」を推進していきます。

line

2009.12.25

港区南青山7丁目においてマンション一棟のフルリノベーションが完了致しました。1~3Fまでの賃貸部分はトイレ・バス・洗面台一体型の既存ユニットバスから各機能を分けたレイアウトへバリューアップを実施、住戸内の壁は全てクロスを張替えました。収納部分の扉など利用できるものはそのまま生かし、機能性・コスト・資産価値のバランスを考慮したご提案をさせて頂きました。
最上階のオーナー邸におきましては、オーナー様への時間をかけた丁寧なヒアリングにより、価値観をフルに反映させたライフスタイルに合わせてデザイン及び住設機器をご提案させて頂きました。
オーナー様にはアセットリードグループの強みである「バリューチェーン」を最大限に活用して頂き、既存建物調査・工事施工をアセット建設、デザインをアセット建設一級建築士事務所、リーシングをアセットナビ、賃貸管理をアセットリード事業部(プロパティマネジメント)がそれぞれ担当し、建物管理においても弊社を通して信頼できる管理会社をご紹介させて頂きました。このようにトータルでご用命頂くことで、アセットリードグループの高品質なサービスのご提供がさらに可能になっていきます。
また、既存の不動産を再生させて資産価値を上げることに投資することは、建築物の長寿命化を促進し、スクラップ&ビルドを抑えるものとして環境配慮型不動産投資にもなります。我々アセットリードグループは企業理念のひとつとして「わたしたちは、デザイン、クオリティ、セキュリティ、エコロジーにこだわった資産価値の高い物件を開発し、お客様に最大限の満足を提供します。」と唱っています。これからも環境配慮型不動産投資の促進をお手伝いできるよう尽力してまいります。

事例 事例 事例 事例 事例 事例 事例
line

2009.10.31

墨田区立川2丁目において設計監理をしておりました「AXASFORT両国立川」が竣工致しました。外装は磁器質タイルでホワイトを基調にしたデザインとし、エントランス廻りをブラック水磨き大版タイルでシャープな印象のファサードに仕上げています。エントランスを入った風除室は落ち着いた雰囲気でありながら、各住戸内は明るいデザインの1LDKになっています。また、フロアー毎にフローリング色を変えて雰囲気に変化をつけており、入居者に選んで頂けるように工夫をしています。墨田区界隈は落ち着いた佇まいと、生活物価の比較的安い地域でもありますので住みやすい住環境でお薦めのエリアです。

事例
line

2009.09.15

港区南青山7丁目においてマンション一棟のリノベーションを受注致しました。1~3Fまでは賃貸とし、最上階をオーナー邸としております。既存調査からデザイン・見積・施工・アフターサービスを一貫してご用命頂き、オーナー様との信頼を築く第一歩を踏み出しました。

line

2009.09.10



『「リノベーション」は、新築では味わえない自分の価値観をフルに反映したライフスタイルを実現し、自分の資産をより永く、より付加価値をもったものにしていくものである。
そして、自分の人生をより豊にしていく手段のひとつである。』


これを当社リノベーション事業がクライアントに提供するサービス・コンセプトとして、分譲マンション・戸建住宅において、一部屋単位からオール・スケルトンまで御要望に沿った無料相談と当社オリジナルの積算システムによって、ファーストコンタクトからリノベーションのイメージをよりリアリティの高いものとして実感できる体制を整えてお待ちしております。お気軽にご相談下さい。当社積算課 小島(コジマ)までお問合せ下さい。

line

2009.09.01

当社を含むJVにて施工中の大田区西蒲田のマンション新築工事において、外装タイルに「美濃焼クール・アイランド・タイル」を採用。このタイルは岐阜県陶磁器工業協同組合連合会が多治見市、多治見商工会議所、名古屋工業大学(岩尾憲三教授:生物環境工学)で協同開発したもので、同大学で研究されている「太陽熱反射都市冷却理論」に基づいて商品化されています。タイル表面形状(色は白系)と特殊釉薬によって反射率を高め、太陽照射光の50%以上を天空に反射させ、地表面への反射光(熱)を減らしてヒートアイランド現象を抑える機能を持っています。同時にマンションの外壁蓄熱を抑え、居室の夏季冷房消費電力量の低減によりCO2排出量を22%(実証試験より)低減する効果があります。環境配慮型マンションを推進する当社としましては、設計及び施工物件において随時、「美濃焼クール・アイランド・タイル」を採用していく予定です。これからも環境配慮型技術の産学官プロジェクト等との積極的なアライアンス構築を進めていきます。
「美濃焼クール・アイランド・タイル」の採用を検討したいという事業主様、自宅新築・改修で採用したいと思われた個人様は、当社設計企画部 生形(ウブカタ)までお問合わせ下さい。

line

2009.05.15

江東区大島1丁目において設計監理をしておりました「AXAS大島Exclusive」が竣工致しました。外装をホワイトとマットブラックを基調にしたタイルでデザイン。大理石タイルと木目パネルの内壁がシャープな印象を与えるエントランスと、共用廊下は打放しコンクリートにランデックス塗装(クリアー)によりソリッド感を出してクールな雰囲気を醸し出しています。各専有(住居)部分はオフホワイトに統一して、木製ドアの木目デザインを強調することでアクセントとし、温かさと清潔感のある印象を与えています。
 エントランス・アプローチの壁に埋め込まれたガラス製の館銘板は、暗くなるとLED(青色)によってサンドブラスト文字が浮き上がる、当社のデザイン開発商品です。
当商品にご興味のある事業主様は、当社設計企画部 生形(ウブカタ)までお問合せ下さい。

事例

全景・エントランス夕景
エントランスホール・共用廊下
住居キッチン・住居部リビング
(アセットリードHPへ)

line

2009.04.16

当社により施工管理を進めてまいりました「AXAS西高島平」が竣工致しました。
都営三田線「西高島平」駅徒歩3分の至便な立地から大手町へ直結アクセスという付加価値の高い物件です。エントランスは打放しコンクリート(ランデックス塗装)とモノトーンのデザインでシャープな印象に仕上がっています。これからも当社グループブランドである「AXASシリーズ」にご期待下さい。

事例
line

2009.01.26

大田区西蒲田にて2010年1月末竣工予定のマンション工事を受注し、施工管理業務が始動致しました。商店街と住宅街が融合し、交通及び生活至便性の高い場所です。

事例
line

2009.01.20

墨田区立川にて2009年10月末竣工予定のマンション設計監理業務が始動致しました。両国駅から南東に位置し、最寄駅の森下駅は都営新宿線及び都営大江戸線が乗り入れ、駅からの途中には長慶寺や徳上院などが散在し落ち着いた佇まいをしています。

事例
line